交通事故の対処方法

車を運転するに際し、どんなに気をつけていても絶対に交通事故に遭わないとは言い切れません。万が一交通事故を起こした場合、あるいは巻き込まれてしまった場合、パニックになってしまうかもしれませんが、交通事故の初期対応を誤ると後悔することもあります。そこで万が一交通事故に遭遇した場合の対処方法について確認しておきましょう。

交通事故に会った場合、何よりもまず人命救助が最優先です。自分側、相手側、巻き込まれた通行人にケガ人がいないか確認します。万が一ケガ人がいる場合、救急車を呼んで応急救護をします。次に二次的な事故の発生を防止します。道路で交通事故を起こした場合、後続車両等による二次的な事故を発生させないように、可能であれば車を安全な場所へと移動します。安全確保が完了したら警察へ連絡します。些細な事故であっても警察へ連絡して事故証明書を発行して貰わないと保険金が支払われない場合があるので、必ず警察へ連絡して下さい。警察への連絡が済むと相手方や目撃者の確認します。相手方の氏名、住所、電話番号(できれば携帯電話番号)、生年月日、車のナンバープレートを確認します。その際に相手方の保険会社が分かる場合は証券番号や連絡先も確認します。さらに事故の目撃者がいる場合は、目撃者の氏名、住所、電話番号を確認します。最後に保険会社へ連絡します。小さな交通事故の場合でも後々トラブルになるケースもあるため、必ず保険会社へ連絡して下さい。保険会社へは事故状況を説明する必要があるため、事故現場の写真を撮っておくことをおすすめします。

この対処方法をメモして車に乗せておけば、万が一交通事故に遭った際にパニックになることなく冷静に対処できるでしょう。また後日の損害賠償に際する示談交渉のポイントや、交通事故の歳に役立つ覚えておきたい電話番号などを別頁にまとめましたので、そちらも併せて覚えておくことをおすすめします。